2011年03月

ネイチャーは今回の震災をどのように伝えているのか? 3

2011年03月30日

今回の震災ではあまりに多くの被害が未だに起きております。被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。


これまでこのブログ上ではネイチャーに掲載された研究論文を多数紹介してきましたが、今回は科学雑誌であるネイチャーが今回の震災をどのように伝えているのかを紹介します。



地震のあった11日の次の号である17日号ですぐ、ネイチャーはニュース欄のトップ記事として3ページに渡って震災について特集しています。

ただ、記事の内容は1ページ弱が地震のことで、それ以外は福島第一原発の事故のことです。トップの写真にも自衛隊が防護マスクをつけ、放射線量を測定する機械をもつセンセーショナルなものです。



次の週の24日号では更に震災のページは拡大し、6ページに渡り特集が組まれています。

・編集部欄(日本の科学研究者を守るために欧米が研究者の受け入れを表明していること、海外から科学技術復興のために寄付をしている)
・オピニオン欄(古い原発の操業をやめて、設計の新しい原発で代替技術ができるまではしのぐしかないのではないか)
・ニュース欄その1(福島第一原発を最悪な事態から防ぐための苦闘について時系列で報告)
・ニュース欄その2(長期間、低線量放射線に被曝することのリスクは研究途上である)
・ニュース欄その3(東北大学やつくば研究都市は地震により研究機械や材料が破壊、消失してしまい、また東京でも停電の影響で科学研究は困難に直面している)

科学雑誌の特性からということもあるのでしょうが、地震のことよりも当初から原子力問題についての特集が組まれ、欧米の専門家が現段階の炉の中で起こっていることを冷静に分析するなど、科学の知識では現在こうだ、というおもむろに恐怖をあおるような記事ではありません(写真はいささかセンセーショナルですが)。

また、研究者の生活にも目を向けるのと同時に、この震災をきっかけに日本の科学教育の更なる理解向上を願っている記事になっていました。


私自身も科学者の一人として、科学を正確に伝えることの難しさは感じておりますが、それを続けることの大切さをこの震災後痛感しています。このブログでもまた次回からは科学の新発見についてお伝えしていきたいと思います。


 

2011(平成23)年度入学式、オリエンテーション、授業開始日の変更について 5

2011年03月25日

入学式の開催日、開催場所の変更とそれに伴い2-4年生、修士学生の学事日程の変更されることが決定されました(以下に転載しました)。

電大のホームページには以下の情報の他にも最新の地震に関係する行事の変更のお知らせが記載されておりますので必ず参照の上、当日間違えずにキャンパスに来て下さい。


<理工学部入学式>
日時:平成23年4月4日(月)
集合時間:13時50分 
※東武東上線をご利用の方は、必ず高坂駅に13時30分までに到着するようにしてください。
高坂駅前からスクールバス(無料)にご乗車できます。 
開式:14時
場所:埼玉鳩山キャンパス
※合格者で本学部に入学の意志がある方は必ずご出席ください。
但し、震災等やむを得ない理由で欠席される場合は、予めご連絡ください。
※ご父母の皆様もご出席いただけますが、会場の都合により別室となる場合がございますので、予めご了承ください。 

<オリエンテーション>
・理工学部:平成23年4月4日(月)入学式終了後〜4月9日(土)
※スケジュールは4日に通知します。
・理工学研究科:平成23年4月6日(水)10時 

<前期授業開始>
・平成23年4月11日(月) 

卒業パーティー参加費の返金について 5

2011年03月17日

卒業式および卒業パーティーが中止になりましたので、卒業パーティー参加費の返金を明日に下記の予定で行いますので、該当者は受け取りに来て下さい。よろしくお願いします。

日時: 3月18日 (金) 9:00〜卒業証書授与式開始 (13:00) 前まで
場所: 12号館3階セミナー室B (12310)


*上記の時間に受け取りに来ることが出来ない学生は各研究室のアルバム委員に連絡して下さい。

また、大変申し訳ありませんが、諸経費のため 8,000 円しか返金することが出来ません。
(その代わりと言ってはなんですが、TDU記念品を用意させて頂きました。)

ご理解とご協力を何卒よろしくお願い致します。


文責:アベ


【お知らせ】3月17日(木)以降の各キャンパスへの立ち入りについて 5

本日以降、学生のみなさんの登校ができることになりました。
以下の東京電機大学トップページの内容を守り、登校をお願いします。
(長原)

3月17日(木)から当面の間、次のとおり運用いたします。ただし、不要不急の立ち入りはできる限り控えてください(※)。また、大学に来る場合には、計画停電、交通事情、特に帰りのことも十分に勘案してください。
※ 就職活動(就職相談等を含む)に関する事項、研究室で研究等に従事する事項については、立入ることができます。 
 
1.平日の9時30分から17時まで、立入ることができます。(日曜、祝日を除く。宿泊不可)
2.研究室への立入りは、指導教員の指示に従ってください。
3.クラブ活動のための立入りは、部室・体育館・グラウンドを含め、利用前に本館1階事務室学生厚生担当窓口へお越しください。

以上 


2010年度 理工学研究科・理工学部 学位記等授与について 5

重要なお知らせですので、理工学部のトップページの内容をそのまま転記します。
(長原)

既にご連絡のとおり、2010年度大学院修了式及び大学卒業式は、東北地方太平洋沖地震の影響により、中止させていただくこととなりました。
つきましては、理工学研究科・理工学部の学位記等授与を、下記に示すように埼玉鳩山キャンパス(3月18日(金))および東京神田キャンパス(3月19日(土))において行いますので、どちらか都合のよい日に出席してください。会場の関係により、今回の学位記等授与は本学学生の方のみを対象とさせていただきます(大変申し訳ございませんが、ご父母の皆様には、参加いただけないことをご了承ください)。

なお、当日は平服にてご出席ください。

3月18日(金) 13:00〜埼玉鳩山キャンパス 本館 プレゼンテーション・ホール
3月19日(土) 13:00〜東京神田キャンパス 7号館1階 丹羽ホール

※教育職員免許状の交付も上記日程・場所にて行います。
※どちらにも参加できない学生には、3月22日(火)以降に理工学部事務部窓口にて学位記の交付を行います。

問合せ先
理工学部事務部(教務担当):049-296-0430

                                        以上
 
 





重要なお知らせ 5

2011年03月15日

長原です。

この度の地震と計画停電のため、16日(水)までは学生のみなさんは通学しないで下さい。

また、18日(金)に行われる予定でした修了式、卒業式、および生命理工学系の卒業パーティーは中止になります。

最新の情報は東京電機大学トップページ、および理工学部トップページに掲載されますので、随時確認をお願い致します。 

タイマー型蚊取り線香(みたいな感じ?) 3

2011年03月08日

Timing of plant immune responses by a central circadian regulator. Nature, Vol. 470, Pages 110-114, 2011.

今回も時計遺伝子がらみです。最近時計遺伝子がらみの論文多くなりましたね。Natureの定点観測をしていると、時計遺伝子は研究のトレンドの一つとなっているのがひしひしとわかります。

植物も異物の感染から自分の身を守るために、動物の免疫システムよりも単純ですが、防御機構を持っています。感染した細胞を殺すなど、結構動物の防御機構と似ているんですが、その防御機構にはある遺伝子(R遺伝子)が関係して、この遺伝子のスイッチがONになることが必要なんです。

で、ここで時計遺伝子が登場です。なんと時計遺伝子がR遺伝子のスイッチのON/OFFのカギをにぎっていて、一番感染しやすい夜明け前(感染菌の胞子形成は夜で朝に放出されるからなんですって)にR遺伝子をON!にして感染を防ぎ、他の時間はそれほど強力な防御システムをとっていないんだそう。

必要な時だけ、必要なものを、というわけです。蚊取り線香も一日つける必要はなく、蚊がきそうな時だけつければ経済的(今時蚊取り線香ではなく、ノーマットですかね)ということと同じです(またもや終わりは無理矢理な例えのような気がします)。 

TDU企業セミナー、副手の説明会 5

2011年03月04日

体内時計の制御にペルオキシレドキシンのレドックスが関与している!?これはかなり衝撃的かつ興味深い発見ですね〜。
長原先生がおっしゃるように疑問も興味も尽きません。今後の展開が楽しみですね〜。


今日は、来週のTDU企業セミナーについてのご連絡を。
鳩山キャンパスでの企業セミナーですので、対象者はぜひぜひぜひ参加して下さい。

TDU企業セミナー
日時:3月8日(火)と9日(水)13:30〜
場所:12号館1階アトリウム


また、就職活動のノウハウ(?)について緊急の就職セミナーも開催されることになりました。
企業セミナー前の短時間なので、こちらもぜひとも参加して下さい。

(緊急)就職セミナー
日時:3月8日(火)12:30〜13:00
場所:本館212教室
内容:企業の選び方、エントリーシートの落とし穴、推薦応募について、などなど


以上、皆さん頑張って下さい。


8日の連絡をもう1つ。
TA(RMB専攻で、RBの科目を担当するTA)の説明会が午前中にあります。
該当者は忘れず出席して下さい。出席出来ない学生は早めに安部(12309)のところまで来て下さい。

RMB副手説明会
日時:3月8日(火)11:00〜
場所:12号館3階325教室

よろしくお願いします。


文責:あべ


時計タンパク質!? 3

2011年03月02日

Circadian clocks in human red blood cells. Nature, Vol.469, Pages 498-503, 2011.

時計遺伝子って聞いたことありますでしょうか?

ヒトを含めていろいろな生物は時計遺伝子と名前のつけられた(本当に、ある時計遺伝子はclockという名前がつけられています) 遺伝子をもっていて、これらが1日24時間周期でいろいろなタンパク質をつくりだしたりすることが知られるようになってきました。いわゆる体内時計を決めている遺伝子、です。

今回の論文は、体内時計を決めているのは遺伝子だけではないですよ!という画期的なものです。

この人たちは、成熟すると核やミトコンドリアを含む細胞小器官を放出するヒトの赤血球を実験材料に用いて、遺伝子がない(はず)の細胞で24時間周期で働きが変わる物質を探し当てました。

それは、ペルオキシレドキシンという、細胞内の有害な活性酸素種をなくすために抗酸化作用を有する酵素です。

このペルオキシレドキシンが、24時間周期で酸化、還元を繰り返すことで、赤血球内の活性酸素種をなくしていたのです。 

なぜタンパク質のペルオキシレドキシン?本当にこのタンパク質だけ?なにゆえ?
など疑問はつきませんが、体内時計の制御は複雑で、簡単には夜型から朝型にはかえられないということですね(違うか)。 

訪問者数

ブログ管理者