2011年04月

博士号をとっても・・・ 3

2011年04月29日

The PhD Factory. Nature, Vol. 472, Pages 276-279, 2011.

現在、博士号を取得する人が年間通して一番多い国はどこでしょう?



この雑誌ネイチャー発祥のイギリス?

サイエンスのメッカ、アメリカ?






正解は中国です(統計のとりかたによってアメリカの場合もあるようですが)。2009年に中国の大学で博士号を取得した人の数はなんと約5万人。これは1998年の数と比較すると40%ほど増えたそうです。人口ももともと世界一ですが、高学歴者の生産も世界一になったもようです。

日本では現在年間1万6千人、イギリスは年間1万6千人と日本と同等、ドイツが年間2万5千人と結構多く、アメリカは中国よりも少しすくないとのことです。



今回読んだネイチャーのニュース記事は、国別に博士制度がかかえる問題について書かれておりました。
よくいろいろなところで報道されているように暗い話だったのですが、博士号をとった後なかなかいいところに就職できない、年収も博士号を取得していない人とほとんど変わらない・・・という現実でした。

まっさきに問題を抱えている国のトップとしてこのニュースに挙げられている国は、われわれ日本。
日本の博士をとりまく環境は世界的に見てもひどく、需要がそれほどないのにも関わらず博士号取得者を増やした結果、2010年日本で自然科学分野で博士号を取得した1350名あまりのうち、フルタイムの職につけた人は746名。そのうち、たった162名が学校や公的機関の研究職になれたそうで、専門を活かしきれない状況です。このような状況もあいまって、ここ数年は博士号を取得しようという学生数が伸び悩んでおります。

このような問題は日本に限った話ではなく、アメリカでも同じ状況で、アメリカでは1973年に博士号取得後、6年の間に55%の人たちが終身雇用(テニュアとよびます)の職にありつけたのに対し、2006年ではその割合がわずか15%にまで減少しているそうです。
そのため、最終学歴終了後6-10年たった時点での年収は、博士号を取得しても、しなくても約6万ドルでほぼ変わらないそうです。これじゃあ博士号わざわざとりたくなくなりますよね。


このように、日本、アメリカなどの先進国では博士号取得者が余ってしまい、需要が少ないために残念ながら専門が活かしきれず、年収も低くなってしまう・・・というパターンに対し、中国、インドなどの新興国はまだ博士号取得者が少ないために博士号を取得すると年収は1.5倍になるようです。

読んでいるとどんどん暗くなっていきましたが、一番印象に残ったのがシンガポールの研究者の意見。

博士号を取得している人は、高度な専門性を有する以外に、その専門性の高め方、方法論を身につけているので、他の職に進んでも新たなアプローチや価値を見つけられやすい!

僕も同感です。

ということで、できれば企業ももっと博士号を持っている人をその方の専門以外の職種でもいいので受け入れてほしいと切に願います。



新入生研修行事

2011年04月23日

何事も中庸が大事
私は何事も行き過ぎてしまう傾向が時々ありますので、身にしみるお言葉です。
学生の皆さんも学生の間にたくさん色々な経験をして、バランス良い学生生活を送ってくださいね。


さて本日は、先週土曜のRB新入生研修行事の様子をお届け致します。
DSC03110午前中はいちご狩り。
@毛呂山







DSC03115…のはずが、暑くてアイスばかりに群がる群がる…









DSC03103川井先生といちご。(さすがの哀愁を感じます。)









DSC03116お昼はバーベキュー。









DSC03118サイボクハムの肉は、かなーりおいしかったです







DSC03123本年度からRBにいらっしゃった椎葉先生もご参加下さいました。







DSC_0088先生方とも会話がはずんんで…?






DSC03130午後はパークゴルフとかいう、パターゴルフの拡大バージョン。
打とうとしてるのは栗山先生。




DSC03135おおー。









DSC03136時間がかかり過ぎてダルダルになってしまいましたが、その分、友達や先生方と話す時間がたくさんあって良かったのではないでしょーかっ(?)




今年の1年生も、みんなとても元気で楽しかったです。
これから4年間、一緒に楽しく頑張っていきましょう!!
DSC_0093















文責:アベ


サプリメント、レシチンは食べ過ぎると心疾患になる!? 3

2011年04月19日

Gut flora metabolism of phosphatidylcholine promotes cardiovascular disease. Nature, Vol. 472, Pages 57-63, 2011.

フォスファチジルコリン、またの別名をレシチンとよびますが、これは生体膜を構成する脂質(卵や牛乳、肉、魚に多く含まれている・・・細胞の膜成分ですからね)であるとともに、フォスファチジルコリンが不足すると肝臓や筋肉の傷害が起きることからサプリメントとしても販売されています。


今回の論文では、 心疾患の経験がある人とない人とで、血中のどのような成分に差があるのかをまず調べたところ、心疾患経験群では、トリメチルアミンN-オキシドという、フォスファチジルコリンの代謝物が多いことがわかりました。

いろいろと調べた結果、食べ物を食べると腸内細菌がフォスファチジルコリンをトリメチルアミンに代謝し、体内に取り込まれたトリメチルアミンは肝臓でトリメチルアミンN-オキシドに代謝されて血管に血栓をつくらせる・・・というステップで心疾患が起きていることがわかりました。



試験管内で生体反応を模式化した単純な系を作る研究(インビトロとよびます)では、このような現象はわからないわけで、生体で実際にどのような反応が起きているのかをしる研究(インビボとよびます)の重要性があらためてわかる研究成果です。



ではどのくらいフォスファチジルコリンを食べれるのか、限度はこの研究からは直接はわかりませんが、食べないのも病気になるし、食べ過ぎるのも病気になる・・・中庸が大事という何とも生物らしい研究成果でした。

合同企業説明会

2011年04月14日

地震から一ヶ月が過ぎました。まだまだバタバタしていますが、だからこそ自分のやるべきことをしっかりやっていきましょう。

はじめに就職関連の連絡です。
採用選考を6月に延期している企業も多くありますが、この4・5月に採用選考を行っている企業による説明会(セミナー)が行われます。
影響が少なかった企業では選考が進んでいます。就職活動を休んでしまっている人はチャンスを逃していますよ!!
積極的にセミナーを活用して下さい。

ジョブサポーターによる「卒業年次向け 合同企業説明会」
平成23年 4月26日(火) 鳩山キャンパス
事前説明; 15:10〜 プレゼンテーションホール
合同企業説明会; 15:30〜17:30 12号館アトリウム




新入生の皆さんへ、今週末の研修行事の連絡です。
4月16日(土)の研修行事に参加する新入生の皆さんは、高坂のスクールバス第2発着場に、遅くとも10時20分までには集合して下さい。時間厳守です
楽しみですね〜


最後に、先週の新入生ガイダンスでの集合写真を。みんな笑顔な良い一枚が撮れました。
これから一緒に頑張っていきましょうね

DSC_0062

ビタミンAがたくさんあるとアレルギー反応が起きる? 2

2011年04月06日

Co-adjuvant effects of retinoic acid and IL-15 induce inflammatory immunity to dietary antigens. Nature, Vol.471, Pages 220-224, 2011.

食物アレルギーのお話です。

ある食べ物を食べると、それを体が受け付けないで過剰に免疫反応が起きてダメージが起きてしまう、これがアレルギーですが、今回はその中でも遺伝的な病気であるセリアック病の患者さんに関係が深い話になります。


セリアック病とは、小麦等に含まれるグルテンというタンパク質に対してアレルギー反応が起きてしまう病気で、イタリアでは300人に1人のケースで患者さんがいるそうです。

イタリアといえばパスタですから、患者さんは大変だと思います。。。


実はセリアック病の患者さんの小腸では免疫細胞を活性化する物質のIL-15がたくさん存在していて、このIL-15が免疫細胞に働きかけることで炎症が起きる・・・ということらしいのですが、この効果を増強させるのがビタミンAの代謝物であるレチノイン酸。


レチノイン酸とIL-15が共存するとアレルギー反応が増強されることがわかったのです。ということは、セリアック病の患者さんはビタミンAをあまり摂取しなければいい・・・というわけにはならない(細胞からレチノイン酸は分泌されているので)ですが、IL-15をいかにおさえてアレルギー反応をとめるか、その道筋が見えてきた研究でした。 

訪問者数

ブログ管理者