2011年11月

こんな名前の動物はかわいそうだ 3

2011年11月16日

Genome sequencing reveals insights into physiology and longevity of the naked mole rat. Nature, Vol. 479, Pages 223-227, 2011.

ハダカデバネズミ。

今回の論文の研究対象の日本語名です。


この名前だけで、この論文を読まなければいけない、と思いました。
英語名だったら裸のモグラという感じなんですが、 なんで日本語名はこのようなひどい名前になったんでしょうか。
写真をみる限りはそれほどかわいそうなかっこうではないんですが、名前からうける印象は最悪です。
本人達はこんな名前で呼ばれているとは知らないでしょうが、かわいそうに。


で、このハダカデバネズミ(やはりインパクト高いですね)。 何がすごいかというと、他のネズミと比べて非常に長生きなんです。30年くらい生きるんだとか(普通のネズミは2年くらい)。

しかも、老化現象が見られず、酸化ストレスを受けず、がんにもなりにくい。名前はあれですが、まさにスーパーマウス。


どうしてハダカデバネズミは長寿なのか?その手がかりを探るべく、今回ゲノム配列の解読に成功したというのが今回の論文でした。
なにかこれだ!という特別な遺伝子が見つかった訳ではないようで、これからようやく研究がスタートできるよというもののようです。


ただ、長寿は長寿なんですが、その代わりに体温調節ができない、視力がよくない、痛覚がなく、味覚もおかしく、毛がない(これはどうでもいいかもしれませんが) とかなり代謝に犠牲を払った上での長寿なんですね。長生きするにはそれだけ犠牲にするものも多く、こういった研究の結果、のんびりしているけれども長寿か、活動的だけれども短命かという代謝と寿命は反比例することがわかってくるのではないかと、あれだけ素晴らしい仕事をして残念ながらまだまだこれからという時に亡くなったスティーブ・ジョブズのことを思うにつれ、感じます。


ちなみに、ハダカデバネズミ、ここ鳩山キャンパスの近く、こども動物自然公園で飼育されているそうです。

北京 1

2011年11月11日

お知らせではないのですが・・・

諸般の事情で今週はNatureを読んでいなかったため、長原が北京に行った2005年当時の写真を。
かなり安部先生が最近行かれた時と違っているのではないかと。

IMG_1752


繁華街、東方新天地。
道がだだっ広いです。
行った時はうだるような暑い夏。
光化学スモッグですっきりしない天気でした。





IMG_1734

ちょっと昔ながらの通りに入ると至る所が工事中。
急ピッチで昔の建物を壊しておりました。
このあとここはどうなったんでしょうか。






IMG_1748


そんなところで夕飯を食べていたらいきなり停電。 
ロウソクの灯を頼りに食べました。
町の人もなぜかついている街灯の周りに集まっており、それはそれで庶民的でよかったです。









IMG_1822

中国といえば、やはり。
北京郊外の万里の長城に行きました。
やけに急な坂(階段)です。
実は降りる階段を 間違え、集合場所から遠く離れたところに着いてしまいました。
地球の歩き方を見ていたのに。地球に迷ってしまいました。











来週こそは論文を読むぞぉ・・・

鳩山祭 3

2011年11月06日

私は実は(?)結構おっちょこちょいなので、よく転んでケガをするんですよね。なので、前回の長原先生ご紹介の論文は、今後の結果がとても気になります…。


皆様、お久しぶりです。安部です。お久しぶりですみません。
長原先生がデンマークへいらっしゃっている頃、私は学会で北京へ行っておりました。実は中国へ行ったのは初めてだったのですが、感想はやはり、近くて遠い国、ですかね〜。考えることがたくさんあり、大変勉強になりました。
あまり出歩かなかったので写真が少ないのですが、以下は北京市内の写真です。1枚目は天安門近くの大通りの、2枚目は北京へ向かうバスの中から市街を撮ったものです。ちょっとイメージ変わりませんか?

DSC04053DSC04179






それにしても、タクシーとバスはジェットコースター以上の恐怖がありましたよ…。刺激が欲しい方は是非お試しあれ。



さて、前回に長原先生が告知して下さったように、今週の金曜から本日の日曜まで、鳩山キャンパスでは『鳩山祭』が行われておりました。今日は雨が降ってきてしまって残念ですが、昨日の鳩祭の様子をお届けします。RBを中心に撮ってみました。みんな頑張ってるね!OB達の顔もちらほら見かけました。嬉しいですね。
DSC04228DSC04215DSC04216DSC04217DSC04222DSC04223DSC04225






DSC04226DSC04227DSC04229DSC04230DSC04236DSC04232DSC04237













DSC04219

以上、学祭入り口から始まり、栗山研、田中研、村勢研、長原研の出展の様子、出店、広場の様子、等々、お届け致しました。
来年も更なる盛り上がりを期待します。

お近くにお住まいの皆さん、興味を持って頂いた方、ぜひぜひ来年もお越しをお待ちしております。



文責:アベ



炎症が記憶力低下に関係する!? 3

2011年11月02日

The ageing systemic milieu negatively regulates neurogenesis and cognitive function. Nature, Vol. 477, Pages 90-94, 2011.

はじめに告知です。
生命理工学系の方はご存知の通り、今週の金曜日から理工学部では鳩山祭という学園祭を行います。
生命理工学系に興味のある方はぜひお越し下さい!


さて、久々の論文紹介ですが、この論文は年を取るに連れて神経細胞の再生力が減少し、認知能力が低下する原因物質を特定した!というものです。

若いネズミと年をとったネズミを外科手術を用いてくっつけ(!)、血液をお互いの体で循環するようにしました。すると、年取ったネズミでも神経細胞の再生が起こりやすくなったということがわかったそうです。


そこで、血液の何が年をとると変わるのか、いろいろ調べた結果、炎症に関係する物質、CCL11が年齢とともに増え、CCL11を注射すると確かに神経細胞の再生は起こりにくくなるそうです。


なぜCCL11が神経細胞の再生を起こしにくくするかはまだわからず、現象しか発見できていないとのことですが、意外性が高いですね。CCL11を普段から大量に作っている(傷だらけな)人は神経再生能力が低くなってしまうんでしょうか。

訪問者数

ブログ管理者