2013年12月

2013年を振り返る

2013年12月29日

2013 in review. Nature, Vol.504, Pages 344-349, 2013.

2013年もあともう少し。みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

私は今年は例年よりも年の瀬という感覚がなく、まだまだ仕事がたまっています。
受験生の正月は3月だ(って今もある予備校では言っているのでしょうか)!という気分で大学教員もそんなもんなのかもしれません。そもそも授業がない時には会議が入るし。。。

グチで始まってしまいました。

ただ、このブログで紹介しているネイチャーに掲載された、2013を振り返る記事を読んでみると、あまり明るい科学ネタがないようです。

巨大隕石落下。そんなこともありましたね。1908年以来の巨大隕石落下だったそう。

アメリカ政府機関閉鎖。海の向こうの話と思っていたら、毎日チェックする、アメリカ政府運営の論文検索サイト、PubMedまで影響を受け、ごめんなさいというメッセージがでていたのにびっくり。アメリカにかなり依存した生活を送っていることを実感しました。

 他にはちらほら希望のあるものもありましたが、総じて暗めのニュースが多かったです。

来年は明るい年になるようにしたいものです!
みなさんよいお年を! 

論文不正で警察が動く?

2013年12月10日

Image search triggers Italian police probe. Nature, Vol. 504, Page 18, 2013.
Call the cops. Nature, Vol. 504, Page 7, 2013.

先週は神戸で行われた分子生物学会に行きました。たくさんの研究者が集まっていて、会場に向う電車は大混雑(途中駅の人は何事かと見送っていましたが)でした。

その分子生物学会でも論文不正が話題になっていましたが、タイムリーにネイチャーでもニュース欄で論文不正が報じられていました。


論文不正がきっかけに警察が動いているという記事です。

さすがに日本では大学や学会が自主的に調査をしますが、警察まで動くなんてどの国か?



イタリアでした。

ネイチャーの社説でも、もっと他の国もここまでやった方がいいんじゃないの?
なんて主張していますが、これは論文不正をされて困っている方の意見ですよねえ。

 

論文出すのは大変です

2013年12月02日

A small-molecule AdipoR agonist for type 2 diabetes and short life in obesity. Nature, Vol. 503 493-499, 2013.

いやあ、すごい論文を読みました。
もちろん、内容は素晴らしいです。
2型糖尿病の治療に役立ちそうな化合物を見つけた!というもので、ケチのつけることができない素晴らしいデータの数々。


もっとも、僕がすごい、とうなったのはこのデータたち。この論文のために、膨大な化合物たちから効きそうなものを探し出して、それが本当に効くのかどうか細胞やマウスを使って確かめ・・・

はては、この化合物を飲むことによって糖尿病を発症しないで寿命が延びることを確かめるために800日マウスを飼い続ける(マウスの寿命は約2年なんだそう)・・・

ここまで来るとすごいなあ、としかいえません。もっとも一人で全ての研究をしている訳ではなく、チームで研究をして、一つの論文にしている訳ですがスケールが大きい研究です。


最後にこの論文、Natureに投稿してからアクセプトされるまで1年以上かかっています。何から何までスケールが違うなあ、と思う論文でした。

訪問者数

ブログ管理者