ひたすらGiveしましょう! 3

2008年03月31日

Winners don't punish. Nature, Vol.452, Pages 348-351, 2008.

ネイチャーより。

目の前に仕事で困っている友達がいます。
その仕事を手伝ってあげると、友達は大変助かるはず。

さて、あなたは友達を助けますか、助けませんか?それともその友達に、最初っから困るんだったらそんな仕事を引き受けなきゃよかったのに、と忠告しますか?

こんなことは案外身近でよくおきますよね。そして自分が困る側になって助けを求める場合もよくあります。世の中には助けて〜と言ったら、良く助けてくれる人、ほとんど助けてくれない人、助けないどころか逆にくどくどと説教をする人などいろんなタイプの人がいますよね。

ま、人助けをしない人は自分の利益にはならないよって考えている人が大多数なのではないでしょうか。

じゃあ実際、人助けって他人の利益にはなるけど、自分の利益にはなるのかな?というのを科学的に解析したのがこの論文です。

ハーバード大学のビジネススクールの学生104人を被験者に、お互いがペアになって、3つの選択肢を選択するだけの単純なゲームを繰り返してもらいました。その選択肢とは・・・

1. 協力する。自分の持ち点が1点減る代わりに相手の持ち点が2点増える。
2. 協力しない。自分の持ち点が1点増えて相手の持ち点が1点減る。
3. 相手を批判する。自分の持ち点が1点減って、相手の持ち点が4点減る。

これを1回のゲームで双方のペア同士、選択してもらい、一番持ち点の高いのはどういう選択をした人か、調べました。

すると、ひたすら協力する人が実は一番持ち点が高く、相手を批判すればするほど、自分の持ち点が減りやすいということが統計的にもわかったそうです。

つまり、相手のために、とひたすら相手にGiveしてあげて、それによる成功を全くねたまなければいつかはその人からそれ以上の見返りが来ますよ、ということです。

今回の実験は一つのモデルで、点数の付け方だとか、実際のわたしたちの周りは1対1の社会ではなく、もっと複雑な協力で社会はなりたっていますが、道徳的要素を科学的に解明したのは面白いですね。

まさに、情けは人の為ならず、です。



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
訪問者数

ブログ管理者