糖尿病と微生物の関係 3

2008年11月04日

今日は学園祭の休講日です。授業は木曜日から再開です。

落ち着いて論文が読める・・・

さて、今回は糖尿病のお話。

Innate immunity and intestinal microbiota in the development of type 1 diabetes. Nature Vol.455 Pages 1109-1114, 2008.


糖尿病の中でも、すい臓にあるB細胞を自分自身が攻撃して、インスリンの産生ができなくなってしまうタイプをI型糖尿病と呼びますが、その発症には腸内細菌が関係する!ということ。

どうもある種の腸内細菌が多く存在すると糖尿病になりにくくなるらしいです。
ちょっと納得いかないところもあるけど、特定の腸内細菌を増やすことで糖尿病を治せるかもしれない今後の展開に注目です。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
訪問者数

ブログ管理者