インフルエンザ新薬をつくる 3

2009年05月26日

Crystal structure of an avian influenza polymerase PAN reveals an endonuclease active site. Nature, Vo. 458, Pages 909-913, 2009.

やはり、今回はこの話題でしょう。

新型インフルエンザの発生によって鳥インフルエンザのことは忘れられたかのようになっていますが、強毒性の鳥インフルエンザの特効薬開発は非常に重要なものです。

現在は、タミフルやリレンザといったインフルエンザ薬がありますが、耐性を示すウイルスも存在し、新たな薬剤を開発する必要に迫られています。

そのためには、まず薬のターゲットとなる場所はどこか?を調べる必要があります。つまり、どこに薬をくっつけるとインフルエンザウイルスの増殖が防げるのかということです。

この論文では、鳥インフルエンザウイルスの遺伝情報合成に関係する酵素、PAの一部がインフルエンザ増殖に重要で、しかもその部分はあまり突然変異がおきないことを明らかにしています。

突然変異がおきにくいということは、ここにうまくくっつく薬を今後作ると、耐性ウイルスがつくられにくいので、特効薬ができる可能性がありますね。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
訪問者数

ブログ管理者