酸化はいいの?悪いの? 3

2009年09月28日

Reactive oxygen species prime Drosophila haematopoietic progenitors for differentiation. Nature, Vol.461, Pages 537-541, 2009.

 酸化。


肌のツヤが悪くなるから、美容に酸化は大敵!



というアンチエイジングとしての側面以外にも、DNAが傷害を受けてしまう要因にもなるので健康のためにも酸化はダメ、ゼッタイ!

と、ちまたには抗酸化作用を持つ健康食品があふれています。


でも、酸化って本当に体に悪いことなの?との問題提起をする論文がこちら(Natureが好きそうですよね、こういう異論反論論文って)。


実は体を防御したり、物質輸送の役割を持つ血球を形作る際に、酸化が大きく関与しているそうです。酸化を引き起こす活性酸素種(ROSと呼ばれます)が刺激となって、さまざまな血球へと形作られていく。しかも、ちゃんと酸化されないときちんとした血球ができないとのこと。


この話はヒトではなく、ショウジョウバエでの話ですが、なんでもかんでも酸化は体にとっていけないんだ!ということではなく、酸化される場所やその量によってですが、酸化は私たちの健康にいい(というより体作りに必要!)ということのようです。





トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
訪問者数

ブログ管理者