生命理工学専攻修士1年中間発表会

2009年12月19日

生命理工学専攻に関することも、生命理工学系のいろいろ、ということで。

本日は生命理工学専攻(生命・環境科学部門)の修士課程1年生12名の中間発表会でした。

DSC02224

しっかりと準備出来ていたように思います。
お疲れさまでした。

DSC02225

川井先生からのありがたい総評と、そしてそれぞれが受けた質問の意図を再度よく考えて今後に繋げてください。

修士の学生以外にも、発表を聞きに来ている学部生の姿もちらほら見られました。
修士2年生は2月の修論発表会に向けて気合いを入れ直すことが出来たのではないでしょうか。
学部生も、大学院生というプレッシャーを感じることが出来たのではないでしょうか。


今時間はちょうど、発表が終わった一時的な開放感ではじけている頃かとは思いますが…
次の山もあっと言う間に迫ってきてしまうものなのです…。

みんな、頑張れ



文責:アベ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
訪問者数

ブログ管理者