マダガスカルの動物達は泳ぐのがうまかった!? 3

2010年02月10日

Mammalian biodiversity on Madagascar controlled by ocean currents. Nature, Vol. 463, Pages 653-656.


アフリカ大陸の南東にある島、マダガスカル島には、固有の哺乳類がたくさんいます。キツネザルやアイアイなど、原猿と分類される猿がいる一方、オランウータンやサルなどの真猿類はいないなど、かなりアフリカ大陸とは異なる動物がいて、はるか昔にマダガスカルは地理的に隔離されて独自に哺乳類は進化したものと考えられています。



では、どうやってマダガスカル固有の哺乳類の祖先はマダガスカルに移り住んだのか?



これには2つ説があって、1つはアフリカ大陸とマダガスカルの間に昔は陸橋のようなものがあり、アフリカ大陸から動物が移動したという説、もう1つは動物がマダガスカルに漂流して移動したという説があります。


ただ、これらの説にはそれぞれ問題点があって、陸橋があったとしたら、簡単に行き来ができたためにもっとさまざまな動物がマダガスカルには来れた可能性があるし、陸橋のあった一定の期間しか動物がやってこれなかった(実際は陸橋があったらしい時期よりも後に渡ってきた動物がいる可能性が遺伝子解析の結果指摘されているそうです。移った時期は60万年前から20万年前くらいの間との推定があるそう)可能性があります。

また、漂流してマダガスカルにやってきたという説では、マダガスカルとアフリカ大陸の海流が、マダガスカルからアフリカ大陸に向けて流れているため、アフリカ大陸から漂流してもマダガスカルには到達しないのではないかと考えられてきました。


そこで、今回研究者たちは動物がマダガスカルに渡って来たときの、大昔のマダガスカルの位置を調べました。すると、現在の位置よりももっと南にあり、徐々に北に移動したことがわかりました。しかも、マダガスカルが今よりも南にあったときは、海流はアフリカ大陸からマダガスカルに向けて流れていたそうでです。



つまり、大昔、サル達はアフリカ大陸から漂流してマダガスカルに住み着いて、特有の進化をとげた、ということみたいです。


たださすがに、サルが泳いで海を渡った訳ではないようで、流木に乗ってマダガスカルに行ったんではないかと考えられているそうです!
 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
訪問者数

ブログ管理者