東京電機大学理工学部環境フォーラム 5

2010年03月19日


多足類もまとめて「虫」と言ってしまったりするわけですが。
前回長原先生がご紹介下さった、昆虫類は陸上にいるムカデやヤスデのような多足類よりも、水中にいるエビやカニといった動物に系統的に近い、というのはとても興味深い結果ですね〜。
そしてこの論文の系統樹のFig.がまた良いですね〜。形態比較をしながら分子系統樹が見れる


それにしても、虫が次々と入って来る浴室って…。喜ぶ学生もいると思いますが。
今年の長原研の研究室旅行はどこに行かれたんですか?




先週の土曜日、東京電機大学理工学部環境フォーラム2010「大学における環境改善への取り組みと地域環境問題」という講演会が本学で行われました。
埼玉県環境部環境政策課の方が県の現在の環境状態とその対策について、東松山市および鳩山町の方々が各自治体の取り組みについて、大東文化大学、山村学園短期大学および本学の先生方が大学で行っている地域環境問題への取り組みについてご講演下さいました。また、本学の学生環境推進委員会の代表者も委員会の取り組みについて発表してくれました。

DSC02368








DSC02373








恥ずかしながら私はこれまでに地域環境という問題に直接触れることがあまり無かったため、大変興味深く講演をお聞きしました。
話を聞いていて感じたのは、自治体の方々は学生達の地域への協力を強く望んでいるということです。皆さん、有り余る若いパワーをぜひ地域環境のために活かしてみませんか?

東松山市 環境まちづくりパートナー
http://higashimatsuyama.blog100.fc2.com/blog-category-24.html

鳩山町 
段ボールコンポスト「クンタくん」による生ごみ減量の取組み
http://www.youtube.com/watch?v=vWadAmJQdlk
DSC02366

東京電機大学理工学部 建築・都市環境学系 高田研究室(都市・交通計画研究室)
http://www.plan.g.dendai.ac.jp/


興味が湧いた方は山名先生、村勢先生、本学の学生環境推進委員会、あるいは安部に詳しい話を聞いてみて下さい。もちろん、自治体等に直接問い合わせてみるのもよいと思います。

なんかおもしろいことないかな〜と時間と力を持て余しているそこのキミ、ぜひそのエネルギーを活用して下さい


文責:アベ


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
訪問者数

ブログ管理者