再生心臓! 3

2010年03月31日

Zebrafish heart regeneration occurs by cardiomyocyte dedifferentiation and proliferation. Nature, Vol. 464, Pages 606-609, 2010.

昨日まで岡山でおこなれていた日本薬学会に参加していました。私の研究室からも私を含め、学生も数名発表しました。

学会に参加すると、その道のプロ達がたくさんいるので関連の発表を聞いたり、討論することで非常に勉強になります。ただ、ここから岡山はちょっと遠い。ということで、いろいろな読み物を持ち込んだのですが、今回はその時に読んだ論文。

ゼブラフィッシュは小型の熱帯魚でよくモデル生物として使用されますが、この動物の心臓は哺乳類とは違って、心臓がある程度傷害を受けても再生する能力を持つことが知られています。

では、再生された心臓(心筋細胞)はどこから来たのか?ES細胞のような幹細胞からできたのか?

目印をつけて解析を行った結果、実は新たな細胞は、隣にあった心筋細胞由来でした。つまり、幹細胞から新たに細胞が作られたのではなく、元々心筋細胞だったものがいったん未分化な状態になり、数を増やしてまた同じ心筋細胞に分化した、ということのようです。

なぜ哺乳類ではこのような機構が進化の過程で抜け落ちてしまったのか?
また、哺乳類でも工夫すれば心筋細胞は増殖させることができるのでしょうか?

ちなみに今回も別なグループからかなり似た論文が同じ号にでています。読み比べるのも面白いかも。
 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
訪問者数

ブログ管理者