やってみなきゃわかりません 3

2010年05月25日

Chemical genetics strategy identifies an HCV NS5A inhibitor with a potent clinical effect. Nature, Vol. 465, Pages 96-100, 2010.

このブログもついに、10000アクセスを突破しました!


一つの区切りのようで嬉しいです。生命理工学系の学生のためにと始めたこのブログ。現在は事務連絡とバイオ関連の最先端の研究紹介の二本立てにしていて、読んでいる人も生命理工学系を飛び越えてなぜか外国の人も(翻訳ソフトを使ってよんでいるみたい)。Natureをそのまま読んだ方が早いのでは・・・


それはさておき、今回はC型肝炎ウイルスの特効薬が見つかったという論文。
製薬メーカーの研究グループなのですが、100万種類の化合物から、こつこつとウイルスの増殖を抑えるけれど、細胞には悪影響を起こさないものをスクリーニングしたそうです。


そうしたところ、まあまあの化合物が見つかってきたんですが、それではちょっと効果としては弱い。そこで、いろいろと化合物の形をいじってみたところ、化合物を2つ抱き合わせた場合、非常に効果的にウイルスの増殖を抑制したのです!

ちょうどその化合物が2つ、ある形をとったときに標的に「すぽっ」とはまったんでしょう。その後見つかった標的はこれまでC型肝炎ウイルス増殖にどう関係しているのかわからないタンパク質だったそうです。


いかにエレガントな仮説をたてても、成功する確率は増えるでしょうが、成功するとは限らない。今回のような研究から、あっと驚く結果がでる可能性もある、まさにやってみなければ、そして続けなければ成功しないんだな、と思いました。
 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
訪問者数

ブログ管理者