自分のDNA情報、いくら払って知ってみたい? 3

2010年06月30日

Science after the sequence. Nature, Vol. 465, Pages 1000-1001, 2010.

いやー、日本、残念ながらワールドカップで負けました。でもこの日は日本サッカーにとって忘れられない日になるでしょう。

ということでワールドカップ観戦のため通常は昨日更新するはずのブログは急遽水曜日に。数少ない、期待して毎週みてくれている方々、大変申し訳ありませんでした。


さて、生物界にとって忘れられない日の一つに、2000年6月26日があります。


この日は、アメリカのホワイトハウスにてヒトゲノムの全塩基配列の解析がほぼ完了(ドラフト)したことを発表した日です。

その日から今年でほぼ10年。ヒトのDNA情報が全て明らかになったことが何をもたらせたのか、Natureは1000名以上の生命科学者にアンケートをとりました。

すると、
・69%の人はこのことを通じて科学者になろうと思った、もしくは研究対象を変更した
・今たりないのは膨大な情報をまとめることのできる科学者とそれを補佐するコンピュータやプログラムソフト

ということで、DNA情報は今日の生物学研究では必須になっていることが浮かび上がってきます。


ただ、面白い質問が。
Q あなたのゲノム塩基配列解析のため、いくらまでなら払うことができますか?

にたいして、10000ドル以上払ってもいいという人はゼロ。100ドル、もしくはタダだったらという人が全体の30%ずつで一番多い結果に。

また、17%の人は他人がお金を払ってくれるといっても自分の情報は知りたくない!とのこと。


自身の研究対象のことは知りたいけど、自分自身については知りたくない。研究者の人間性がでてくる質問でした。
 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
訪問者数

ブログ管理者