ものには時節 3

2010年11月17日

Reducing excessive GABA-mediated tonic inhibition promotes functional recovery after stroke. Nature, Vol. 468, Pages 305-309, 2010.

安部先生紹介の論文もかなり示唆に富んだ論文でした。
細菌は宿主が死なないようにする(そのため、自分も生きられる)こともありますが、まさか宿主のアポトーシスを利用することもあるなんて。

今回紹介の論文は、脳卒中の特効薬候補について。脳卒中の特効薬はこれまでなかったのですが、GABA受容体からの刺激を遮断する薬を投与すると、早く改善されることがわかったそうです。


ただ、投与する時が重要なんです。脳卒中が起こった直後では逆効果で神経細胞が死んでしまい、脳卒中3日後からが有効なんだとか。


投与する日にちが非常に重要!!
ということで、実際の治療にはまだまだ解決する要素がいろいろありそうですね。 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
訪問者数

ブログ管理者