hikikomori... 3

2011年07月01日

Made in Japan. Nature, Vol. 474, Pages 541-542, 2011.

このほど開学する沖縄科学技術大学院大学(OIST)に関する社説、およびニュース欄で特集がなされていました。

 OISTでは5年間、自由に研究できる環境が与えられるため、世界から新進気鋭の研究者が教員として赴任する予定で、授業も英語で行われるためいろいろな考えの人が集まれる素晴らしい環境が作られそう・・・という手放しのほめようで、久しぶりにネイチャーに日本の明るいニュースが載っていましたが・・・


文中で目に留まったのは、題名にも書いたhikikomori。


いわく、日本の経済は落ち目で、韓国や中国にもハイテク関連機器の製造で抜かれ、日本の若者は海外に留学しなくなっている、いわゆる「ひきこもり」になっている、と。


さすがにひきこもりのことは、who shut themselves away in their homesという注釈がついていましたが、hikikomoriって英語にも使われているんですね。びっくりしました。


ところで、留学しないから日本はダメになるのか、というとそんなことはないと個人的には思います。違った考えを持つ人たちと話すことでいろいろな発想ができるようにはなるので、物怖じしないでどんどん積極的にいろいろな人と(たとえ外国人にでも)話す、のが重要なんではないのかな、と個人的な経験を踏まえてそう感じています。

そういう意味でも、日本でOISTのようなところができるのはいいですね。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
訪問者数

ブログ管理者