東北地方太平洋沖地震の論文 3

2011年08月02日

Coseismic and postseismic slip of the 2011 magnitude-9 Tohoku-Oki earthquake. Nature, Vol. 475, Pages 373-376, 2011.

なかなかブログを書けず、申し訳ありません。
自分の投稿論文でつい最近まで忙しく・・・


でもようやくアクセプト!されてとりあえずは解放されたのですっきりとした気分で自分の専門外の論文も読むことができます。


今回は、専門外ですが非常に大切な論文です。
東北地方太平洋沖地震で起こった大陸プレートの移動について、国土地理院の方々がGPSを用いて詳細に調べた論文が掲載されておりました。

地震の予測の上でも、このようにGPSにより監視、そこから推定することは大事だと思います。

またこの論文、投稿されてからアクセプトされるまでの期間が非常に短いのも、重要性を物語っています。

だいたい、Natureの他の論文は4ヶ月から1年弱アクセプトにかかるのが、この論文は3月31日に投稿され、アクセプトは5月25日。2ヶ月弱で掲載が決定されておりました。上で書いた、自分の論文よりも早く掲載が決定されております。。。





トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
訪問者数

ブログ管理者