ロンドンオリンピック!

2012年07月25日

Team Science. Nature, Vol. 487, Pages 290-292, 2012.


科学雑誌、ネイチャーはイギリスで出版されています。


そしてイギリスといえば、もうすぐロンドンオリンピック!


先週のネイチャーでも、特集記事が掲載されておりました(論文ではないですよ)。


題して、チームサイエンス。

オリンピックの裏で頑張っている科学者にスポットをあてた記事です。しかもかなりマニアックなところまで。


まずは心理学者。一体なぜ?と思う人も多いと思います。実はオリンピックの後に行われるパラリンピックの一部競技には知的障害者が参加できる競技があります。ただ、2000年に健常な人が知的障害者として出場していたのが契機となって、この前のバンクーバーオリンピックまで知的障害者はオリンピックに参加できなくなっていました。
そこで、心理学者たちは厳格な定義を定めて、一部の競技において夏の大会でも今回から知的障害者の参加が可能になったそうです。


 また、これはおなじみドーピング検査。ドーピング検査の責任者は、このオリンピックの間、検査センター近くに住んで、オリンピックも見ずに(これは本当でしょうか?)ひたすら検査に明け暮れるそうです。


一番びっくりなのは行動学者。オリンピックは参加する人もそうですが、たくさんの人が観戦にロンドンを訪れます。そこで感染が起きたら・・・たくさんの人にあっという間に感染が広がり大変なことになります。実際にこの前のバンクーバーオリンピックでも麻疹が流行したそうです。
そこで、行動学者の一人の学者は、ロンドンに行くフライト網をデータベース化して、世界のある地域で感染症が流行した際に、一体いつロンドンに襲来するかがわかるようにしているそうです。そうすれば避難計画もたてやすい。起こっては欲しくないですが、起きた時のために、という研究ですね。


いろいろな人が携わっているオリンピック!待ち遠しいですね!

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
訪問者数

ブログ管理者