H26年度フレッシュマンゼミA発表会 5

2014年06月09日

皆さん、こんにちは。
雨が降り続いていますが、心は晴れやかに、元気なRBで行きましょう。

ちょっと遅くなってしまいましたが(いつもアップが遅くて申し訳ないです。。。頑張ります。)、先々週の金曜日(5月30日)の1年生フレッシュマンゼミAの全体発表会の様子と結果を載せたいと思います。

フレッシュマンゼミAはPBL (Problem-based learning) という、学生自身で課題や問題を見つけ解決していく授業形態をとっています。今年は、『生命理工学系で何を学ぶか?〜10年後に社会で活躍するために〜』というテーマで、就職活動や、将来働く場所について調べ、将来の夢を実現するためにどのような大学生活を送るべきか、ということについてそれぞれ調べて考えたことを発表しあいました。
各クラスから選ばれた代表の班(6班)が、さらに5月30日の全体発表会で競い合いました。(資料作成力、発表力、質疑応答力、の観点で学生間で採点し、集計しました。)
全体発表会には担当教員だけでなく、学系長の栗山先生にも参加頂きました。

各代表とも、発表タイトルが多様性に富んでいておもしろかったです。
学生間での質疑・応答がもっとあれば、もっと盛り上がったかな〜と思います。

さて、栄冠はどの班に!?

DSCN0990
松永クラス






DSCN0994
安部クラス






DSCN1015

根本クラス
(すいません、発表に集中してしまい、トマト班の発表時の写真を撮り忘れてしましました。。。ビデオはしっかり撮れていますので!)



DSCN0996
椎葉クラス






DSCN0999
村松クラス






DSCN1009

長原クラス








みんな頑張りましたが、本年度の優秀賞は、トップバッターで『プレゼンテーション能力を高めるには』というタイトルで発表してくれた松永先生クラスの5人に決定致しました。おめでとう


この講義で調べたこと、考えたこと、わかったこと、学んだこと、これからの大学生活にぜひ役立てて欲しいと思います

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
訪問者数

ブログ管理者