低温生物工学会@鳩山キャンパス

2016年06月24日

みなさまこんにちは。あべです。
直前のお知らせで恐縮ですが、明日明後日の土日に鳩山キャンパスで「低温生物工学会」が開催されます。
興味のある人は、学部生でもぜひぜひ聴講しに来てください。
当日受付可能ですので!

「第61回低温生物工学会大会」
平成28年6月25日(土)10:00〜 セミナー・年会 
平成28年6月26日(日) 9:00 〜 年会(一般講演)
於 東京電機大学埼玉鳩山キャンパス

セミナー
「細胞・組織の凍結及び乾燥耐性機構の解明とその応用」
1. 「酵母に見出したプロリン/アルギニン代謝に基づく冷凍・乾燥ストレス耐性機構とパン酵母の育種への応用」
高木 博史 (奈良先端科学技術大学院大学)
2. 「極限乾燥耐性機構のオミクス解析:どこまでネムリユスリカの秘密は解き明かされたのか」
黄川田 隆洋 (農研機構 生物機能利用研究部門)
3. 「耐寒性植物組織にみられる凍結制御に関わる構造と機能」
石川 雅也 (東京理科大学)
4. 「植物培養細胞の乾燥耐性増大と広い温度域における長期保存」
菅原 康剛 (埼玉大学)
5. 「超低温保存によるバイオバンキング事業の実情」
田中 大介 (農研機構 遺伝資源センター)

大会参加費:
会員6000円、非会員8000円 学生会員2000円 
セミナー参加費:会員および学生会員無料、非会員2000円(セミナーのみ) 
 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
訪問者数

ブログ管理者